美保館本館 | 島根 美保関の老舗割烹旅館「美保館」

国登録有形文化財 美保館本館

美保館本館イメージ

美保館本館は、明治38年(1905年)に着工、同41年(1908年)に竣工し、2004年には国の登録有形文化財に登録されました。現在も建具や電灯などは当時のものを使用しており、懐かしい黒電話も使用しています。

ご宿泊のお客様の朝食会場として、披露宴や会合の舞台として、築百余年今もお客さまをお迎えしています。

古き良き時代の息吹をそのままに今にお伝えし、未来に残すこと・・・。歴史と文化を次代に繋げる 、わたしたちの使命です

ご朝食

  • 朝食イメージ

朝食は、古き良き時代の息吹を感じる、本館の広間にてご用意いたします。

朝から新鮮名物☆白いかのお刺身やセイコガニ(親ガニ)の出汁が最高に効いた味噌汁を。地元では松葉ガニよりセイコガニ!というほど味が濃厚で、出汁にすると絶品です。

※セイコガニは松葉ガニより漁期が短いため、お出しできない期間がございます。

大正ロマン溢れる古建築と、美保湾 大山の好眺望(美保大観)と共に朝食をお楽しみ下さい。

宴会場

宴会場イメージ

本館の宴会場は1階に中広間、2階に小広間と大広間をご用意し、少人数から大人数(最大140名様)までご利用いただけます。

また、50人乗り大型バス ・ 29人乗りマイクロバス・10人乗りマイクロバスでの送迎も承ります。

ご宴席のページへ

美保神社ウェディング

  • ウェディングイメージ

美保館玄関。美保神社から番傘のお出迎えで青石畳を歩く。列席者全員に雅楽と舞が振舞われる、純和風本格的な美保神社での挙式。

全館を一日貸切でゆったりとお二人の門出をお祝いできる文化財建築での披露宴。

美保神社ウェディングのページへ

客室・施設のトップへ